通常の歯科医院の自費診療(審美歯科)と西新井駅前かんばら歯科の自費診療(CR修復治療)の違い

西新井駅前かんばら歯科では、普段、一般的な歯医者さんと同じように保険診療や定期健診、矯正や入れ歯などの治療を行っています。一方で、最近ホームページをご覧になられて、当院でCR接着修復法を選択される患者さんが大変増えています。「なるべく歯を削らないように治療します」とホームページでお伝えしているので、きっと、その影響が大きいのだと思います。ここで改めて、CR接着修復法について説明したいと思います。CR接着修復法は、自費診療になってしまいますが、セラミックを使った自費診療よりも安価で、しかも白色の治療材料を使うことのできる歯科治療法です。
 
通常の歯医者さんで行うセラミックを使った治療と、西新井駅前かんばら歯科のCR修復治療法の一番の違いは、歯を削る範囲です。セラミックを使う場合は、しっかり安定して虫歯の部分を治すために、少し大きめに削らなくていけません。少し大きめに歯を削るということは、虫歯以外の健康な部分を削るということを意味します。一方で、西新井駅前かんばら歯科がおススメしているCR接着治療法は、虫歯の部分以外には全く手を付けずに治療できることが一番のメリットです。コンポジットレジンと呼ばれるCR修復材料は、最初は柔らかい素材なので、どんな形にも補修できるから安定性が良いため、歯を削る範囲が最小で済むのです。

分かりやすいように例え話をすると、皆さんは陶器を作るシーンをテレビなどで見たことがあると思います。あの回転するロクロに手を添えながら少しずつ陶器の形を作るように、CR接着治療法も少しずつコンポジットレジンを使いながら、歯を削ったところを埋めていき、しかも、自然な歯と同じように何種類の色を混ぜて、天然の歯と見分けがつかないように形を作っていきます(盛っていうといったイメージです)。CR修復治療法では、削った虫歯の部分を少しずつコンポジットレジンで埋めながら、特殊な光を照射して固く硬化させ、少しずつ手作業で丁寧に治療するため、通常の治療時間の3倍くらいかかってしまいます。
 
また、西新井駅前かんばら歯科のCR接着修復法で使用している材料は、耐久性や審美性が高いCR素材を使っており、保険診療で使うものとは違い、非常に高価で患者さんの体に影響のない体に優しい材料を使っています。最近では、保険診療で使われる銀歯で治療をした場合と金属アレルギーの発症との関係性が議論される機会も増えており、詳しい結論はまだ出ていませんが、西新井にお住いの患者さんには是非、ご自身の体に優しい治療方法を選択して頂けたら、歯医者としてとても嬉しく思います。

< 西新井で歯科・歯医者をお探しなら「西新井駅前かんばら歯科クリニック」 >

クリニック名 西新井駅前かんばら歯科クリニック
住所 〒123-0842 東京都足立区栗原3-1-4
電話 03-3840-8241
URL http://kambara-dental.jp/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です