西新井の歯医者さんが解説!「虫歯と唾液の関係」

西新井にお住いの皆さん、こんにちは。西新井駅前かんばら歯科の院長の神原です。ところで皆さんのお口の中では、一日にどのくらい唾液が出ていると思いますか?もちろん寝ている間はほとんど出ていないのですが、日中の生活では、一般的には1日500mlくらいの量が分泌されていると言われています。500mlって、すごく多くないですか???ペットボトル1本分も唾液が出ていると思うとビックリですよね!!!
 
最近は、唾液の検査を受けられるシステムを導入している歯医者さんが多いのですが、唾液が少ないヒトの場合、虫歯になりやすいと言われています。これは、なぜでしょうか?通常、食べ物をよく噛めば噛むほど唾液がたくさん分泌されるのですが、もし歯の調子や歯ぐきの調子が悪いと、噛む回数が減ってしまいます。すると、虫歯や歯周病などから守る役割の唾液が減ってしまうため、お口の中の環境が、ますます虫歯や歯周病が増えやすくなってしますのです。
 

また、口の中のph値も大切な指標となります。一般的に、口の中に食べ物を入れると虫歯菌が活発に活動することにより酸性に傾きます。しかし唾液は、酸性から中性に戻そうとするチカラが強いので(これを、緩衝能(かんしょうのう)と呼びます)、虫歯になりにくいように、口の中のph値を一定に保つ役割もあるのです。唾液にはこのような殺菌・抗菌作用に加えて他にも、口の中の粘膜保護の役割や歯や骨の石灰化を促進する役割など、実は唾液は沢山の役割を担っているから、すごく大切なものなんです。
 
もしこの記事を読んた方の中で、「最近、口の中が乾きやすいんだよなぁ・・・」と思われた場合は、お口の中が虫歯や歯周病になりやすい状態になっている可能性が高いですので、ぜひお近くの歯医者さんにご相談に行ってみてください。

< 西新井で歯科・歯医者をお探しなら「西新井駅前かんばら歯科クリニック」 >

クリニック名 西新井駅前かんばら歯科クリニック
住所 〒123-0842 東京都足立区栗原3-1-4
電話 03-3840-8241
URL http://kambara-dental.jp/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です