虫歯を放置すると・・・。

台風が接近していますね。ちょうど月曜日の午前中に足立区近辺を通過する予報になっているので、西新井の住民の皆さまも、ご注意ください!
 
先日、虫歯を何年も放置してしまった患者さんがうちの歯医者に治療にお越しになられました。話を聞いてみると、数年前に歯の痛みを感じていたんだけれども、忙しかったので、しばらく放置していたそうです。しばらくすると、痛みがなくなったので、何事もなく普通に生活していました。しかし、最近、急に激痛が出てあわててウチの歯医者にきてくださったようです。レントゲン写真を撮り、慎重に問診をしたところ、その患者さんの場合は虫歯がかなり進行して歯の神経が死んでしまっていたことが分かりました。おそらく、数年前に痛みがあったけれども、そもまま歯の神経が死んでしまったから、一時的にたまたま痛みを感じることがなくなったため、放置しても大丈夫だったようです。
 
皆さんもよくご存知の通り、残念ながら虫歯は自然に治癒することはありません。もし、虫歯を放置し続けたらどうなるのでしょうか?例えば一つの可能性は、虫歯菌が歯の根っこの中に侵入して、その虫歯菌が顎の中に広がると、骨髄が虫歯菌に感染して熱が出てしまいます。一般的に、虫歯から熱が出るなんて患者さんは予想もしないことだと思うので、いつもの行きつけの内科医のところに行って、薬を飲んでもなかなか回復せずに、どんどん重症化することがあるので注意が必要です。
 
また、もっと深刻な病状を引き起こすこともあります。それは、脳梗塞や心筋梗塞です。通常、虫歯を放置し続けると、どんどん歯がボロボロになり、歯や神経が破壊されてしまいます。その後、虫歯菌が血液に侵入して血管から全身に回ってしまいます。もし虫歯菌が頭の脳の方に行ってしまうと脳梗塞を引き起こす可能性があり、もし心臓に行ってしまうと心筋梗塞を起こす可能性があると言われています。
 
たかが虫歯や歯周病と思われがちですが、深刻な症状に繋がってしまうリスクがあるので、ぜひ、日頃から注意をして下さいね。

< 西新井で歯科・歯医者をお探しなら「西新井駅前かんばら歯科クリニック」 >

クリニック名 西新井駅前かんばら歯科クリニック
住所 〒123-0842 東京都足立区栗原3-1-4
電話 03-3840-8241
URL http://kambara-dental.jp/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です